本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。栗本歯科医院(尼崎)です。

栗本歯科医院の紹介topics



栗本歯科医院は昭和12年に現院長栗本治の父京市が現医院の近くで開院、平成2年に私が院長を引き継ぎ、平成14年に現住所に移転いたしました。
この間、歯科診療の内実は私が院長になってからの約20年の間だけでも大きく変貌し、患者様の私ども歯科医師に対するご要望も多様化したことは申し上げるまでもありません。
しかしながら、時代とともに歯科医療がいかに変わっても、変わらないもの、変えてはならないものが在ると考えます。それは、私どもの歯科治療に対する考え方あるいは姿勢であり、それを具体的に申し上げるならば
「ていねいな治療を行なう」ということです。

院長紹介

院長 栗本治

院長の栗本治です。
尼崎で生まれ、県立尼崎高校をへて大阪歯科大学を卒業。その後、現在は吸収合併と民営化でどこかへ行ってしまった・・・私が知らないだけでしょうが・・・某公団に就職。2年間ほど、楽しくサラリーマン生活を送りました。

尼崎に舞い戻ってからは、歯医者一筋で歯科の色々な分野の先生方の指導を受けたり、講習会にマニアックに出席。その結果、根管治療、義歯(入れ歯)の治療に力を入れる現在の栗本歯科医院が出来上がり、更に、この10年間ほどで3Mix法からドックベストセメントを用いた出来るだけ歯を抜かない治療法に向かって進んで参りました。

しばしば患者様からお問い合わせを頂くインプラント治療については、かって約3年間ほど当院でも行ったのですが、3Mix法やドックベストセメントを用いた虫歯の治療、根管治療で抜かずに治せる筈と考えられる歯が次々と抜かれてインプラントが植え込まれている現状にヘソを曲げ、インプラント治療は止めて現在行っているような3Mix法、ドックベストセメントを用いた虫歯の治療、根管治療等で出来るだけ歯を残す治療と、インプラント治療を忌避される患者様のために義歯(入れ歯)の治療に回帰したという次第です。


 06-6416-3830        クリックで電話
 o.kurimoto@nifty.com    クリックでメール