本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。栗本歯科医院(尼崎)です。

根管治療についてpolicy&FAQ




根管治療とは

根管治療とは、歯の神経(歯髄)を除去する治療。及び、以前に神経(歯髄)を除去した歯が痛んだり腫れたりした場合の治療のことです。
一般的には「歯の根っこの治療」といわれている分野です。
この分野の治療は私達が長く自分の歯でモノを食べる為には非常に大切な治療ですが、患者様の立場からすると、非常にわかりにくい治療である上に、日本の保険制度上の問題もあって、日本の歯科医療の世界では軽視されている分野です。

根管治療における歯医者選択のポイント

遠隔地の根管治療でお悩みの御方様が電話やメールでしばしばお尋ねになられる事項です。
但し、ここではあくまでも一般論としてのお話です!
  1. 根管治療に限らず、他の治療においても丁寧な治療を行っていること。
  2. 歯科医院のホーム・ページ、初診時の相談などで根管治療へのコダワリが伺えること。。
  3. 予約時間を長めにとっていること。少なくとも30分は必要で、出来ればそれ以上です。
  4. ラバー・ダム(治療をする歯にゴム・シートを被せる道具です)を用意・使用していること(右下の写真を御覧下さい)。
  5. 少なくとも拡大ルーペ、出来ればマイクロ・スコープ(歯の中を覗く低倍率の顕微鏡)を用意・使用していること。

方針イメージラバー・ダムです。治療する歯をゴムで周囲からで隔離して、歯の中が唾液などで汚染されるのを防止します。



方針イメージ
当院使用の拡大ルーペです。倍率が5倍ですので眼が疲れます。
その為に、普段は右下の倍率2倍の簡方針イメージ易ルーペを使っています。



歯の中を覗くための低倍率の顕微鏡です。高価であることと診療時間が一回一時間以上になるので、根管治療専門医方針イメージで保険外の治療になります・・・残念ながら保険診療で出来るだけレベルの高い根管治療を行うことを目標にしている当院では現在のところ不採用です。