本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。栗本歯科医院(尼崎)です。

栗本歯科医院の特徴についてclinic guide



義歯(入れ歯)の治療について

なぜ私が義歯(入れ歯)の治療にこだわるのか?その理由のひとつは、それが結果が判りやすい治療だからです。
例えば、義歯(入れ歯)を入れているが、「かめない」「痛い」「はずれ易い」などの悩みをお持ちの患者様が来られたとします。その患者様の義歯(入れ歯)を少し手直ししたリ修理したらどうなるか?あるいは作り直したらどうなるか?
結果がよければ、患者様のお顔が一瞬のうちに変わります。喜びの表情が満面に浮かぶのです。この瞬間ほど歯医者という仕事を行なっていて良かったと感じることはありません。そして、更に良い義歯(入れ歯)が作れるように精進を続けようと決意を新たにするのです。

根管治療について

 根管治療(歯の根っこの治療)は、一般的には

  1. 虫歯等が原因で神経(歯髄)を除去する場合
  2. すでに神経(歯髄)が死んで治療済みの歯であるが、腫れたり痛んだりして再治療が必要な場合
 の2種類に分けることが出来ます。
 後者についてはお口の中に以下のような歯がある場合などです!
  1. 歯髄(神経)を歯医者さんで取ってもらったのに、いつまでも痛みが取れない。
  2. 歯髄(神経)を取った歯の根っこに当たる部分の歯ぐきがはれたり痛んだりする。あるいは違和感がある。
  3. 同じ歯の中を何回も治療しているが、腫れ、痛み、違和感などが残っている。
  4. 歯のカタチがかなり残っているのに歯医者さんで抜くしか治療方法が無いといわれた。
  5. 歯を抜いてインプラントを進められた。…残せる歯でも抜いてインプラント治療を行なう例が頻発しています。
唯、ご自分の歯を長く残すための大切な治療ですが、患者さまには判りにくい治療であるので、ご理解を得ることが難しく、歯科医にとっては「悲しい治療」といわざるを得ない世界です。

ドックスベストセメントの治療について

ここ数年、テレビや健康雑誌などで
ドック・ベスト・セメントしばしば取り上げられている治療法です。

●虫歯の場合
虫歯の原因は細菌です。ドックベストセメントは細菌をやっつける殺菌作用があり、長い期間に渡って歯の奥まで殺菌作用が及んで虫歯の細菌をやっつけることが出来るので、歯を削る量が少なくなり、その結果として歯を削る時の痛みが少なくて済ませることが出来ます。更に、一度は虫場になった歯でも時間とともに再度健全な状態に戻す働きもあります。

●根管治療(根っこの治療)の場合
@虫歯が進んで神経(歯髄)を除去する必要がある場合。
Aすでに神経(歯髄)が取られていて治療済みの歯だけれども、再治療が必要な場合
に分けることが出来ます。 

@の場合は、上で記した虫歯が進んで神経(歯髄)に及んだ場合ですが、ドックベストセメントの殺菌作用によって細菌やっつけるので、歯髄(神経)を取る必要のある割合が今までよりもずっと少なくなりました。
Aの場合には、これまで歯の中を消毒に使用していた薬よりも、ドックベストセメントの消毒作用は歯の中にしみ込んでいく作用が半永久的であるので、治療の成功率が遥かに高くなります。
更に、根っこの横に穴が開いていたり、歯の中に以前にかかった歯科医院で入れた金属のかたまりがあって、それを除去出来ない等の場合でも、ドックベストセメントの殺菌作用の浸透によって細菌をやっつけて歯を治療出来る可能性が高くなります。

●ただし、歯の中まであまりに大きく虫歯で崩壊したり、根っこが折れていたりといったような場合には、ドックベストセメントを用いた治療法でも歯を抜くしか仕方が無い場合もあります。
 06-6416-3830        クリックで電話
 o.kurimoto@nifty.com    クリックでメール